掲載費用を知る前に把握しておきたいタウンワークの特徴

タウンワークといえば仕事探しに役立つフリーペーパーとして多くの人が利用しています。求人情報をお金を出して探す時代はすでに終わりを迎えており、求人を希望する企業側が費用出して就職情報誌に情報を載せるのが一般的となってきました。このようなサービスを利用するためには掲載費用が必要になります。タウンワークの掲載費用は紙面のどの程度の面積を利用するかによって決まる仕組みになっています。限られたスペースを有効活用することで読み手に職場の魅力を伝えることが大切になる求人広告媒体です。駅や商店等に設置されるタウンワークは職場を生活範囲にしている人にアピールすることができる求人広告媒体として非常に優秀な成果が期待できる広告として多くの企業が採用しています。

タウンワークのメリットについて

タウンワークは求人広告を出す際の選択肢としては非常に優れた特徴を持っています。知名度が高いという特徴もあり町中にフリーペーパーとして置かれるタウンワークは仕事を探している人が手に取りやすい場所に設置されています。有料の広告媒体ではなく無料で誰もが自由に持っていくことができる情報誌であるため、多くの人に求人情報を伝えることができる点が魅力的です。最近ではインターネット社会に対応し、タウンワークの紙面で紹介されている求人情報をインターネット上でより詳細に確認することができるようになってきました。インターネットに慣れ親しんだ若い世代にとっても、紙媒体での求人の方が対応しやすい年配の世代にとっても積極的にアピールすることができる求人広告媒体として広く活用されています。

掲載費用の仕組みについての基礎知識

タウンワークに求人広告を載せようとする場合に重要になるのは、どのような求人広告を紙面に掲載するかという点になります。その背景にはどの程度の範囲を使って求人広告を出すかによって掲載費用が決まるからなのです。掲載費用は地域とスペースによって決まる仕組みになっていますので、最初の段階でどのくらいの紙面を使って広告を出すのかについて検討しておくのが良いでしょう。1ページ、または2ページ見開きの大きな広告を出すこともできますし、紙面を16分割した小さなスペースで広告を出すこともできます。それぞれに料金設定が決まっているので、求人広告に必要なスペースを決めて対応することができます。タウンワークは非常に多くの求人情報が載るため、一般的に広いスペースを使用した方が宣伝効果が高まります。

専門のスタッフが豊富な知識で効率的に求人広告を提案いたします。 求人広告をお考えでしたら、お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です! 安定の媒体「リクナビ」。企業からも学生からも選ばれ続けるバリューがあります。 「はたらいく」は求人広告に経費をかけられない企業向けの媒体です。 ヒューマンワークで扱った求人広告から採用に至った人数は4万8000人以上です。 タウンワークの掲載費用はヒューマンワークにご相談を!